オススメ商品いしはらクリニック

兵庫県神戸市中央区雲井通6-1-5 コスモビル2F

電話番号078-261-8971

兵庫県,神戸市,中央区(三宮),アンチエイジング,オゾン療法,アクシダーム,フリーラジカル検査,プラセンタ注射,デトックス

高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴療法とは

高濃度ビタミンCは正常な細胞に影響を与えず、がん細胞だけを殺す可能性がある最先端のがん治療です。

アメリカやカナダの多くの医師らが高濃度ビタミンC点滴療法をがん患者に行うようになり、点滴で血液中に入ったビタミンCは毛細血管から染み出して酸化します。

このとき発生する過酸化水素は健康な細胞には無害ですが、ガン細胞を見つけると細胞内に侵入して破壊します。ビタミンCには免疫力や抗酸化力を高める作用もあり、それが、がん細胞の増殖や転移を抑えると考えられています。

また、高濃度ビタミンC点滴療法が胸水による呼吸困難感、ガン患者の痛み、倦怠感、食欲低下、不眠などの諸症状を改善し、QOL(生活の質)を改善するともいわれています。
その他、ビタミンCにはコラーゲンを増加させる作用や美白作用があり、その美肌効果も注目されていて、この治療法を受ける患者様はたいへん増えています。

この治療法が適している方とは

  • 標準的ガン治療が無効な方
  • 標準的ガン治療の効果をより確実にしたい方
  • 標準的ガン治療の副作用を少なくしたい方
  • 良好な体調を維持しながら寛解期を延長させたい方
  • 代替治療として希望する方

有効な抗ガン剤や放射線治療がある場合は併用を推奨します。

副作用について

ビタミンCは正常な細胞を痛めない性質があるので副作用の心配はほとんどありません。

PAGE TOP